NO IMAGE

麻しん流行

  • 2018年4月27日
  • 検査
  • 358view

麻しん感染症とは「はしか」のことです。

2018年4月、沖縄で麻しんの集団発生が騒ぎになっています。海外帰国者からの感染拡大のようです。
すでに日本には土着の麻しんウイルスは存在していないとされていたはずですが、このような感染は今後さらに起こりうる可能性が高いことを考えると、やはり免疫のない方はワクチン接種を考えないといけないでしょう。
麻しんは人から人へと感染する急性熱性発疹性の感染症であり、死亡例の大半は5歳未満の乳幼児ですが、成人でも頻度は低いものの肺炎などの合併症の危険性があります。その感染力は極めて強く、空気感染し、免疫のない人が感染すると、90%以上が発病する怖い病気なのです。

その後、名古屋で集団感染が起こっているようです。

なんとか病院内で拡大を食い止めなければなりません。

NO IMAGE

スマート医療/Smart Medicine

起業仲間募集中!

CTR IMG